こしぞーの独り情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

【スポンサーリンク】

[画像解説]vCenter Server バージョンアップ互換性確認方法

vCenter Serverをバージョンアップしたい

仮想化環境を運用していると本番環境であれば当然 動作しているvSphereのサポートが終了していないこと が非常に重要です

動作保障の切れているvSphereを運用している場合、トラブル時にメーカサポートを受けられない可能性があります
もちろんハイパーバイザーの不具合も修正されませんし、セキュリティホールが見つかっても対応されません
動作保障の切れているソフトウェアを運用するということはそういうデメリットを抱えながら運用することが必要です

業務で使用する仮想化環境であればできればvSphereのバージョンアップは 動作保障が切れる前 に実施したいところです

とはいえ、毎回バージョンアップする必要はない(というか大変な)ので例えば

  • vSphere 5.5 から vSphere 6.5 にバージョンアップ(vSphere 6.0 はパス)
  • vSphere 5.1 から vSphere 6.0 にバージョンアップ(vSphere 5.5 はパス)

といった風にバージョンアップしていきます

そうすると現在利用中の vSphere がどのバージョンにアップデートできるのか

の確認が必要になってきます

ちなみに「vCenter Server アップグレード互換性」でググると以下URLがヒットします

vCenter Serverアップグレード互換性

こちらは最新版6.7の互換性について記載がありますが

「vCenter Server6.0 以降から vCenter Server 6.7 へのアップデートをサポートします」

と一応は明記されています
が、6.0でもUpdate1とかUpdate2とかあるので正確な互換性の確認はやはり必要です

vCenter Server バージョンアップ互換性確認方法

画像解説します

VMware製品群における互換性情報は Product Interoperability Matrix で確認できます
VMware Product Interoperability Matrices
https://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php

[Upgrade Path] をクリック

f:id:bfx62324:20180710222059p:plain

[Select a Solution] で [VMware vCenter Server] を選択
(検索窓に「vCenter server」と入れれば表示されます)

f:id:bfx62324:20180710222107p:plain

そうすると過去全てのバージョンに渡っての互換性が表示されます

f:id:bfx62324:20180710222122p:plain

例えば、vCenter 6.5 U1 にバージョンアップしたい場合は、vCenter 5.5 から vCenter 6.5.0 までサポートされていますね

f:id:bfx62324:20180710222130p:plain

逆にvCenter 5.1以前の場合で6.5までバージョンアップしたい場合は、5.5または6.0を一度経由してバージョンアップする必要があるということです

関連記事です

Windows版vCenter Serverは終わることがアナウンスされています
運用方式はVCSA(仮想マシンアプライアンス)が主流になっていきます

hitoriit.hatenablog.com

vCenterとESXi互換性を確認したその次は、ゲストOS互換性確認です

hitoriit.hatenablog.com

バージョンアップの際には、vCenter ServerとESXiの互換性確認も非常に重要です

hitoriit.hatenablog.com

以上